綺麗な庭

僕の救いの箱庭です。

濁流

灰色の雨が世界に打ち付ける。それは兵器のよう、神話のよう。

届きはしない、掴めはしないんだ。

私が愛したすべてが、色づいて消える。

血は夢に及ばず、鋭角は街に消える。僕のものではなくなるように。

心臓から濁流が流れ出す。堰を切ったように溢れ出す。モノローグはない。

果物と共に、

民族学民俗学

架空の町のルーツを辿れ。

ほら、蝶々が飛んでいるよ。

シナプス蘇れ。

 

バーミリオンの屋根が陽光を受け、安寧を垂れ流す。人々はごきげんな服を着てドアを開く。

道には小綺麗な装飾品。広場では紙吹雪。誰もが春風のような笑顔をたたえている。毎日が祭りなんだと一人が言う。彼らは本質しか知らないのだ。

教会の十字架が何度も肯く。

放し飼いのバグパイプが歌うように鳴いた。

 

林檎が木から

 

落ちた。

 

それはまるで11月のアレルギーのようで、6歳の時に見た高い空のようだった。

 

終わりを予感する。これ以上何も始まらないように。

戒めを彫り込む。それが自傷行為だということは火を見るより明らかだ。

 

新月に倣って0になることを約束する。君は君という直線上を滑り降りているにすぎないんだ。吐き気を堪えて。

目を覆いたくなるほど悍ましい現実を受容した時、遠のく意識の中で神を見るだろう。

来る羽化の儀式。

 

そして全ては収束していく。

 

無題3

ぐわぐわと波打つ体。逃れられない。

冷たい遠雷となって皮膚を穿つ。止められない。折りたたまれる四肢に神経があることを再確認する。それは筋肉の硬直する音だったのだ。

香る夢を後に、体はスパークする。込み上げてくる力を受け止める。カタルシスが言う、「横断歩道が川になってる。」航空機間が馬鹿になってる。

細かいことはわからない。簡単に言うならば、永劫の広がり。

持て余す。

 

要するに人間は、愛しているものを愛しているのだ。ややこしいがそうなのだ。

人間には各々の愛しているものがある。それは味だったり、見た目だったり、抽象的なものだったりする。人間はそれらを心の底から愛しているのだ。

逆に言えば、愛の具体的な形は愛したそれなのである。

人間の心の理想的な色、形なのだ。

家具屋

家具とは幸せの象徴であり、それを二人で選ぶ時が人生のピークであると言えるだろう。

僕らは寒い冬にトナカイ模様のケーブルニットを着て家具を買いに行く。家具屋では暖炉が燃えており、世界と調和した明かりを灯している。

家具の世界へ。カーブ、角、脚。クッション、角度、色。厚み、手触り、温度。今、未来、君。心、意識、感覚。

君と一緒に選ぶことが重要なんだ。いつまでも君の周りを回る恒星のように生きていたいな。

外は雪が降り、クリスチャンの儀式を助長する。ああ、ネオンは世界を彩り、吐息は白く溶ける。神がいるというならば、私に素敵なソファをください。じんわりと温まる。ノスタルジー。過去のような現在。好きな形。好きな色。好きな匂い。この部屋が世界の全てであり、ほんの一部分なのである。

帰ろう。

その部屋には幸せが気体となり充満していた。