綺麗な庭

僕の救いの箱庭です。

無題

ここにいて、どこにもいないような感じがする。体感。

ここは動物園だ。草木が鬱蒼と茂っている。

 

黄色い催涙ガスが熊を殺す。それはジャズのようなものだった。

やつらは大きくて賢い。そしていろんな色をしている。

海の中のやつらも現れた。小さくて冷たいやつらだ。

これ以上切り裂くのはやめよう、と誰かが言った。王室のカーテンは閉めっぱなしだ。顔の大きな王は泣きっ面で怖がっている、怯えている。

とにかく今は走っている、大勢で。喧騒。カエルの軍団。

ムカデと時がガラスの出口を守っている。バラのようにマンタが包み込む。コウモリだったかもしれない。

やがて争いとなり、椅子を抱えた。壁から鳴る足音に怯える。私とはそういうものである。

大きな獣になろうよ。大きくて、高速道路で暴れるようなやつにさ。夜が来る前に。足音が近づく前に。

黄色いのがいい。来た時に見たやつだ。案外真面目なのかもしれない、と私は思った。

 

数分後私はやられた。気づけなかったのだ。魚だった。なんだかずいぶん疲れたようだ。

強い絶対悪の存在を知る。黒くて赤いやつ。

クレーンから落とされた時に気づくのだろう。呼吸器官は古びた機械仕掛けなんだ。終末を知っている。全てが平面になることを。

ゴツゴツとした皮膚を脱皮する。神聖な出来事。ただ、森が死ぬので、市民は静かに狂っている。

 

いいかこれは実験だ。真に受けるんじゃない。

馬を出せ!青いバッタがやってくる。

壁に唇が描いてある。白いチョークだ。初めて来た時にやつが描いていたものだ。

 

登場人物、僕、鮮やかな青紫色のウールコート。

人を見た目で判断してはいけないというけど、あの夫婦は絶対に危ない。