綺麗な庭

僕の救いの箱庭です。

しあわせ

幸せが手のひらから零れ落ちる。

僕は焦らないように、慎重に息をする。

強がって強がって何処かで一人で死を迎えるけど、墓標を建てる誰かはいない。どこにもいない。

「どこかへ逃げないと。」

「どこへ?」

「出来るだけ遠くへ。」

「醜い。」

「そうとも、だから綺麗なナイフを買ったんだ。」

「君には何も無いんだろ?」

「失ったんだ。」

「彼女はとても綺麗だね。」

「...」

「応答せよ。応答せよ。...」

 

アラスカの花畑で仰向けに寝転び、咳き込む。

曇り空から僅かに陽が差し込み、針葉樹林を焼き尽くす。

笑顔で君が走ってくる気がした。

懐かしい、どうしようもなく心地良い風が吹いている。

 

「僕はおかしくなってしまった。」

「病に侵されている。」

「君が君じゃなくなる。どうして...」

「救いようの無い世界だから。」

「そのたび僕はどんどん醜くなって、いつか誰かを殺してしまうかもしれない。」

「殺したらいい。」

「間抜けなピエロさ。」

「違いない。こりゃ傑作だ!」

「呼び方なんてどうでもいいはずなんだけど。そもそも彼女なんてどうでもいいはずなんだけど。」

「本当に醜い。」

「...」

 

君が僕を忘れても、君が幸せを手にしても、君が泣いていても、そんなこと知る由もなく、僕はアラスカで絵を描いている。

 

「彼女の絵は描かないって決めたんだ。」

「そうかい、お幸せに。」

「最低の人間だ。筆を持つ資格もない。」

「醜い醜いエゴイズム。君はまだ何かを期待している。」

「救い。救い。」

「煙草は吸わないの?」

「やめたんだ。」

「誰のために?」

「綺麗な絵が描けそうだ。」

「白紙じゃないか。」

「涙で描いてる。」

「くだらない。」

「一人になりたくて。」

 

誰か僕を赦してください。