綺麗な庭

僕の救いの箱庭です。

古い未来の記憶

馴染み深い曲を背景に僕は家族らしき人間と戯れている。

木がまばらに生えている公園。遊具は木製で、数が少ない。

やけに雲のない、演出されたような空。

冬めいた秋。水彩絵の具で薄く誤魔化したような視界。

全てが絶好のコンディション。

幸せそうに笑っている君は誰だ。

はたまた賢い少女であるのか。

柔らかい日差しが君の笑顔を真っ白にする。

しかし、僕の心にはほんのわずかの焦燥が居座っていた。理由はわからない。

このいまを手放してしまいたくない。

瞼を開けてみると硬いベッドと馴染み深いBGMが流れていた。